賃金業法 総量規制

貸金業法と総量規制

貸金業法と総量規制

銀行

貸金業法は貸金業者が守らなければいけないルールですが、その中に総量規制というのがあります。総量規制は、貸金業者は借入申込者の年収の3分の1までしか貸し付けてはいけないという決まりです。この総量規制は、借り過ぎで多重債務になり生活が困窮する人たちが増え社会問題になったことを受け、定められたものです。総量規制によって借り入れられる額が制限されたので、多重債務者は減りましたが、どこからも借入をできなくなった人たちが、闇金を利用してしまうということもあるようです。

 

総量規制は年収の3分の1までしか借りられないので収入がない人は借り入れができないことになりますが、総量規制には例外もあってその例外が適用されれば自分に収入がない専業主婦も借りることができます。この例外は配偶者と合わせた収入の3分の1の金額までなら借りることが出来るというものなので、配偶者に安定した収入があれば、配偶者の年収の3分の1までの額なら借りられることになります。ただ、専業主婦に貸付をする消費者金融は少ないのが現状です。なぜかというと専業主婦にお金を貸すときには、本人確認書類の他に配偶者の同意書や住民票などの婚姻関係を証明する書類の提出を求めなければならないので余計なコストや手間がかかってしまうからです。それで、専業主婦の方は銀行のカードローンがおすすめです。

 

総量規制の例外にはそのほかにも個人事業者に対する貸付があります。ですから事業用の資金は年収の3分の1を超える額でも借りられます。また、貸金業法に基づくおまとめローンも総量規制の例外にあたります。

 

総量規制は貸金業者だけに適用される規則なので銀行など、貸金業者でない金融機関からは年収の3分の1を超える金額でも借り入れることができます。審査に不安がなければ金利も低い銀行のカードローンがいいですね。


ホーム RSS購読 サイトマップ